「イソマルトオリゴ糖」について調べてみた。 | 無添加のオリゴ糖

イソマルトオリゴ糖 原料

「イソマルトオリゴ糖」について調べてみた。

イソマルトオリゴ糖はどのように解説されているのか?

イソマルトオリゴ糖のシロップ

オリゴタイム・SHOWA

昭和産業の公式サイト

黒糖かりんとうにも使われている。

昭和産業の公式サイトではイソマルトオリゴ糖について次のように解説しています。

イソマルトオリゴ糖は、グルコースを構成糖としたα-1,6結合(分岐構造)を持つ糖類で、清酒、みりん、味噌、醤油などの発酵食品や、蜂蜜などに天然成分として含まれています。当社のイソマルトオリゴ糖は、でん粉を原料として転移酵素を作用させて作られています。

その機能性については他のオリゴ糖と同様「ビフィズス菌を増殖させる」効果がありますが、その他にも興味深い効果が分かりやすく解説されています。全体的に見ると調味料としての利用価値が高い印象を受けます。

  • みりんにイソマルトオリゴ糖を入れるとブドウ糖や砂糖単体での甘みと異なるものになる。
  • 麺つゆに入れると旨み強くなり、醤油の味が弱くなる。
  • 肉や魚に添加すると臭みを低減してくれる。
  • 米菓に使用すると油脂劣化臭が抑制される。
  • タンパク質変性を抑制する。

実際に市販されているものをいくつか確認してみましたが、原材料にイソマルトオリゴ糖を使用しているものに「黒糖かりんとう」がありました。植物油脂が使われているので劣化臭の抑制のためだと思われます。

その他・研究報告

昭和産業の公式サイトでは紹介していませんでしたが、虫歯予防に関する研究報告もありました。

1989年「イソマルトオリゴ糖の齲蝕誘発能」『小児歯科学雑誌 Vol.27 No.4』1010-1017頁

イソマルトオリゴ糖を使用している商品

ラブレ

「ラブレ」という名前は、京漬物すぐき漬けから発見された植物由来の乳酸菌のことでこれをベースにしたサプリメントとなっています。イソマルトオリゴ糖はラブレ菌をサポートするのが目的で含まれています。
その他に難消化性デキストリンも使われています。

美力青汁

妊婦の方のために開発された無添加の青汁です。注目したい点は妊婦さんにとって重要になる葉酸が含まれていること、更にはカフェインがゼロであるという点にあります。

使用されているオリゴ糖に関してはイソマルトオリゴ糖以外にもフラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、乳糖果糖オリゴ糖が使われています。

カイテキオリゴ

北海道産の甜菜や牛乳をベースにしているオリゴ糖サプリメントです。

公式サイトを見ると「EOS(イオス)理論」という言葉が出てきますが、「Enterobacteria OligoSaccharide Synergy」の頭文字を取っており、複数のオリゴ糖を組み合わせるのが基本になっています。

イソマルトオリゴ糖以外にもフラクトオリゴ糖、ラフィノース、ミルクオリゴ糖が使われており、明治の公式サイトでも取り上げたアカシア食物繊維も含まれています。

赤ちゃんや妊婦の方にもおススメできるものです。

酵水素328選

酵素と水素が使われているドリンクですが、原材料を見ると一番最初に「イソマルトオリゴ糖」と書かれています。なお、公式サイトでイソマルトオリゴ糖に関する解説はされていませんでした。妊娠・授乳中の方でも健康維持・栄養補給を目的とすれば問題ないようです。